マンション経営に対して意識を高める|ラクラク投資で収入アップ

メンズ

資産運用の代表格

室内

不労所得としての魅力

マンション経営の成否はその地域の需要があるかどうかが大きなポイントとなる。需要さえあれば、マンション経営による安定的な家賃収入と言う不労所得が得られることが魅力である。昨今のマンション経営は、土地を持っていなくても、大都会の需要の多い物件を一部屋単位で購入できる様になっているので、地方に住むサラリーマンでも購入しやすくなってきている。又、マンション経営では、物件の管理運営が重要で大変な事であるが、管理運営面においてもその道のプロが運営し、家賃保証として一定額を安定的に払い込んでくるものが多くなってきており、比較的取り組みやすくなってきている。従って、実績のある信頼できる業者を見極め、見物を確認、周囲環境を見定めれば有益な投資に値する。

年金補充と相続対策

マンション経営による安定的な家賃収入が得られるようになることが人気の一つになっているが、もう一つの利点が、相続対策である。賃貸マンションは、その土地の評価価格及びマンション自体の評価価格が大幅に減額されるので、相続税の軽減対策としても有効である。又、借り入れによって、購入している場合い、残金は全体の相続金額から差し引かれるので節税対策になる。預金金利が少ない今日においては、家賃収入は投資金額に対して数パーセントになるものも多々あり、年金収入の補充になるとともに、相続時には、安定的な収入が得られる相続資産として価値が高まる。又、需要のある地域の物件は、いざと言うとき、専門業者を通して売却が可能であるため、リスク回避の面でも有望である。